マスターオブライフ、無事、発売。

 

2016年春から準備してきたアルバムがようやくリリース出来て、滑り出しも好調で、ほっと胸をなで下ろしております。

渡會将士です。

タワーレコードオンラインでの売り上げも非常に好調で、本当に沢山の方が全国流通を待っていてくれたんだなぁと思い、なで下ろした胸にまた色々込み上げてきてオエップ、………マサシ、震えています。

感謝の気持ちと共に楽曲についてのあれやこれやをこのBlogでくっちゃべりたいところではありますが、そこは9/27の下北沢GARAGEで語っていきたいと思っています……

 

 

そもそも2015年にFoZZtoneが活動休止した直後のワタクシは、

“どうも一人で頑張り過ぎる自分の気質はよろしくないな”と思い、「積極的に人の力を借りていこう、ちゃんとギブ&テイクで!」なんてボンヤリ思いながら今日まで下手くそにやって参りました。そうやって、ほんとに色んな人に協力してもらって今の音楽が完成してます。

 

その節は最初に賛同してくれたBar Bar Poleのお二人とBar Bar Pole Tour 各地でお世話になった皆様にはいくら感謝の言葉を言っても足りません。

俺の知る限り最も、水よりも人の体に近い水、液体人間ベーシスト、菅野君(アルバムの半分ベース弾いてくれました)

これからその才能にグイグイ脂が乗って来るであろう希代のブラックスワン、星羅さん(コーラス、フルート)

さんきゅーさんきゅー。

 

それから俺のソロ楽曲をフルバンドで再現したいという利己的欲求に付き合ってくれたブルブルズのみんな。意味不明の呼びかけに応えてくれて、マジありがとう。キミタチ超カッケー!
この人とはもう60曲以上一緒に作ってきたなぁ、俺のソウルビート、武並俊明さん(全曲ドラム)

常に予想以上のパフォーマンスを発揮し続けるファンク&ソウル・ファンタジスタ、中村昌史マーくん(アルバムの半分ベース弾いてくれました)

ブルブルズの太陽、そこに居るだけでもうハッピー、A-yaちゃん(パーカッション、コーラス)

本当は音楽的にハンパなく凄いヤツなのに、ネタっぽくかわいがり過ぎてごめん、Ryuくん(アレ)

ありがと、ありがと、いやぁありがと、あんがと!

 

それから、今年一緒に弾き語りツアーを回って、おかげさまで無事レコーディング出来ました、

アホな先輩はいっぱい知ってるけど、この人だけは永久に、純粋にその人徳を尊敬しています、心の兄、小田和奏センパイ(ピアノ)

あざす!

 

こうやって感謝してる人を挙げてくとキリがないんですけどね。ライブさせてもらってるカフェの方々とかね、レコーディングエンジニアさんとかね!懲りずに来てくれるお客さんとかね!!

 

でもあえてもう少しだけ挙げるなら、

色々突き抜け過ぎて天才と奇人の間を二周した天才、岩崎慧(セカイイチ)氏、ありがとう。彼の言葉があったからこそ昨年渡米したし、彼と名古屋Blue Frogのえっこさんのお陰でM12「月は踊るように満ち欠ける」は生まれています。ラブ。

同じくセカイイチの吉澤響氏にはリリースに向けて色々相談にのってもらいました。ツメ澤さんホント頼れる。セカフォズ(セカイイチとFoZZtone)時代からほんとお母さん。男だけど。多謝。

 

そしてbrainchild’s。

まさかこんなに幸福な現場が待っていようとは……つい先日もブレチャボーカルが3人集まるという非常にプレミアムなイベントで歌わせてもらいましたが、素晴らしい集合体ですね。お客さんを含めて、音楽に真摯に寄り添う人々の集合体です。プラスの状態から更なるプラスを生み出す、という喜びを教わりました。

ヤバいね。これは逆境からポジティブを生み出すよりもずっと難しいことで、でもそれを素直に表現出来ちゃう現場、brainchild’s。すごい。只でさえ特異なロックバンドがビーチでヤキソバ片手にサマバケってるみたいな、奇跡、チェケダウメーン。 そこのブレチャファンのあなたの、そのチョイス、超COOL。

 

 

そして、2015年2月のFoZZtone活休ファイナルの打ち上げでお互い酔っぱらいながら

『一緒に音楽で遊ぼうよ!』と言ってくれた、ライターの三宅さん。

三宅さんにはいつもホントに最高な出会いを沢山紹介してもらってます。マジサンクス!!!

そんな三宅さんと9/27のGARAGEで色々、アルバムについてお話する予定です。

(※何かしらの形で中継して全国でご視聴頂ける予定です。)

 

なんか宣伝に繋いじゃってキナ臭くなっちゃったかな?めんごね。

でもほんと、You made my day !(今日の日をありがとう!) どころか、

You made my Life ! (俺の人生に加担してくれてマジサンキュー!)みたいなアルバム作れた気がするので、ほんと、

あんたに、お前に、貴方に、其方に、貴公に、貴殿に、俺に、君に、幸あれ。

I’m glad to see you !

 

 

酔った!!!