Mambo#6

 

今日は2016年リリースの「マスターオブライフ」から、2曲目「Mambo#6」のはなし。

 

この曲は2011年3月の震災後にソロ名義で書いた曲です。

なにかと自粛させる世間の雰囲気も、叫ぶしか能がないチャリティー連中も大っ嫌いで、そういうやからには全く関知せず関係無い内容で、とにかく明るく元気な曲を世の中に送り出そうと思い、書きました。

その他にも当時抱えていた様々な“怒り”がこの曲を書く原動力になっています。

当時は本当に様々な理不尽を「これは理不尽ではない」と言い聞かされながらギリギリのところで音楽を続けていたのですが、この曲をWeb上で発表したことでようやく自分の音楽的自我を確認出来た気がします。

簡単に言うと時事ストレスも相まってキレただけなんですが、それにしちゃあずいぶん朗らかにキレたもんだなと思います。最初のバージョンなんてボイスチェンジャーで1オクターブ上に変換した声とのツインボーカルでしたから、コミックソングのつもりで作っていたんだと思います。

ここが僕の音楽的DIYの始まりであり、音楽人生における重要な分岐点のひとつです。

 

そんなわけでマスターオブライフは1曲目に最新曲、2曲目に最古曲を収録してみました。#俺的にアツい選曲 ってわけです。ハッシュタグ意味ないですけどね。

 

まだなんにもなかったけど僕らは暮らし始めて、今はなかなか美しい日々を過ごしています。