2017/11/09

風の歌を聴け

 

新譜が出たタイミングだからこそら旧譜の宣伝をしよう

だって我々がかつて発表した作品だって、知ってもらえさえすれば今現在の誰かの心を救える筈だ。

 

そんな気持ちで、2017年春にbrainchild’s の『PILOT』がリリースされた際に、前作の『HUSTLER』の解説ブログをこのサイトで書いたりもしたのですが……

今年10月に自分の新譜を出した時には、あまりにも多忙過ぎてスッカリ忘れていました。

 

そして今夜ふと思いたったので、したたか酔いながらキーボードを叩いております。

 

昨年(2016年)、渡會将士は『マスターオブライフ』というアルバムをリリースしました。

 

この作品はFoZZtone活動休止後、初めての公式ソロ音源でした。

その一曲目に収録した曲が、『風の歌を聴け』という曲で、12曲入りのこのアルバムの中で唯一の完全新作でした。(他の曲はだいたいこれまでのソロ活動の中でいくつかリリースさせて頂いた “ライブ会場限定販売音源 ” に収録した曲の最新バージョンだったりするのです。)

そして「風の歌を聴け」は、アルバムのコンセプトを「12ヶ月になぞらえた12曲にしてみようかな」などと思いついたは良いものの、1月に該当する曲が無いぞと気付き、毎年の1月をどんな風に過ごしてたかなと思い出しながら作った曲です。

改めて考えると、日本のヒットソングに「1月」を彷彿とさせる曲って少ないですね。

 

いつかの1月、僕は母校の◎◎周年同窓会のお誘いを静かにスルーしました。

同窓会だなんて、我々のような仕事の人間には恐ろしく肩身の狭い場所です。同級生とお話できる話題なんてほとんど無いのです。

彼らがローンでマイカーを買った頃、我々はローンでビンテージギターを買い

彼らが結婚した頃、我々はメジャーレーベルと契約したり、あるいは解雇されたり

学生時代のガールフレンドが子供を生む頃、メンバーが脱退したり、新規加入したり、解散したり。

The BeatlesのIn My Lifeみたいに、“Some are dead and some are living.” 死んだヤツもいるし、まだ生きてるヤツもいる、なんて話も出来てしまうわけです。10年以上音楽やってると。

そりゃぁ世間様と話題もズレるわけです。

 

 

今年の正月はどうですかね。

僕は相変わらず、足の速い青魚みたいな言葉を釣り上げては

切り刻んで並べ替えて、なんとかメロディーに乗せてリリースする、相変わらずの暮らしを続けているのでしょう。

気が付けば2017年も残り僅かで、師走の喧噪を乗り越えたら一瞬の正月休み、

でもすぐにダイヤは平常通り動き出して

結局今年も会えず終いだったあいつは何やってんのかなんて思ってるうちに

忙殺されていくんでしょうね、来年も。

 

 

 

楽曲タイトルを拝借した村上春樹さんのデビュー作「風の歌を聴け」は、とても好きな作品でよく読み返すのですが、未だに何を言いたいのかサッパリ解りません。

ですが、年々読み返す度にファントムリブの様に失われた何かが痛みます。

そんな歌を書きたいと思っていたら、いろいろあって、書けたみたいです。笑

 

いやぁ、エモい大人になったもんだな、俺達。

 

 

 

 

 

2017/08/21

10/4 After Fork in the Road リリース決定

M.O.L. 2017『NEW SONGS』にご来場頂いた皆様、ありがとうございました。

レコーディングと同時に進行していたツアーなので本当にめまぐるしい日々でしたが、メンバーの笑顔が絶えない、素晴らしいツアーになりました。

本当にどうもありがとう。

 

ツアー中に告知しました内容を、再度告知させて頂きます。

2017 . 10 . 4 に、渡會将士のミニアルバムをリリースします。

 

2017 . 10 . 4 Release

 渡會将士 『After Fork in the Road』

 1 . After Fork in the Road

 2 . Good Routine

 3 . Cut My Hair

 4 . Night Bazaar

 5 . Old School

 6 . Weather Report

 

前回リリースしたFull. Al. はオンラインでの全国リリースだったので、定義がちょっと微妙な全国リリースでしたが……しかも土曜発売という裏技も使っておりますが……今回は文句無しにまっとうな全国の店頭でリリースします。

あなたのお近くのCDショップで探してみて下さい。無かったら注文して下さい。ありがとう。

 

After Fork in the Roadの「Fork in the Road」とは、「人生の分岐点」という慣用句です。英語使い達のウィットに富んだこの表現、僕はとても好きです。

だって直訳したら「道の中のフォーク」ですからね。なのに「人生の分岐点」という意味になるんだから、とってもメタファーですね。隠喩としてとてもオシャレ。

そこに「After」を足した、「人生の分岐後」という意味の造語が、このミニアルバムのタイトルです。

 

毎日いろんな分岐点を超えながら生きていく我々が弱音を吐いたり、それでも人生って最高かよと泣いたり、明くる朝はケロっと健やかに出かけていく為のアルバムです。

 

ご期待下さい。

 

 

 

2017/09/01

After Fork in the Road Tour !!

 

渡會将士 1st Mini Album『 After Fork in the Road 』

 

2017年10月4日(水)発売

¥1600+TAX

1 After Fork in the Road

2 Good Routine

3 Cut My Hair

4 Night Bazaar

5 Old School

6 Weather Report

 

 

“ Fork in the Road ” = “ 人生の分岐点 ”  これまで様々な分岐点を越えてきた渡會将士が、更に先へ向かい続ける為に、

ふと振り返って、これまでの分かれ道を思い出し歌う、体験談のような、そんなミニアルバムです。

是非、ご一聴下さいませ。

そしてもちろん、リリースに伴い、全国ツアーを発表させて頂きます。

これまでの自分の音楽人生でもおそらく最長と思われる、全18?公演。秋から冬へと全国を飛び回ります。

 

 

After Fork in the Road Tour!!

 

 9/30 土 渋谷 「Keita the Newest × 渡會将士 PRE Release “Two Men” Tour」 ※2マン

10/4  水 全国 『 After Fork in the Road 』発売!

10/7  土 広島 福山 Boogie Man’s Cafe Polepole Solo弾き語り

10/13 金 名古屋 「Keita the Newest × 渡會将士 Release “Two Men” Tour」 ※2マン

10/14 土 京都 SOLE CAFE MW trio (Day live)

10/15 日 大阪 「Keita the Newest × 渡會将士 Release “Two Men” Tour」 ※2マン

10/22 日 新潟 LOST IN TIME すべてのおくりものリリースツアー
「おとどけものとおどけもの」※2マン

10/29 日 熊谷 MORTAR RECORD MWtrio

11/3  金祝 東京 新代田 LIVE HOUSE FEVER MWtrio & more

11/11 土 長崎 Ohana Cafe MWtrio

11/12 日 福岡 LIV LABO MWtrio

11/18 土 名古屋 sunset BLUE MWtrio

11/19 日 神戸 OUMA KITCHEN Solo 弾き語り

11/23 木祝 秋田 LOUD Affection MWtrio with Blueglue  ※2マン

11/24 金 福島 郡山 PEAK ACTION MWtrio with Blueglue  ※2マン

11/25 土 仙台 SENDAI STATION LOUNGE MWtrio

12/2  土 大阪 THE GOOD THING MWtrio

12/3  日 金沢 Mokkiriya MWtrio

12/10 日 札幌 XENON MWtrio(Day live)

 

いろいろバタバタとしておりますので、各所の情報とズレが出てくると思いますが、ひとまずここにある内容が最新と思って頂ければ幸いです。

各公演の予約方法は「 Live 」からチェックして下さいませ。

予約受付開始日は大まかに4つに分かれております。

11/3の東京公演が本日18:00〜

10月のライブは9/9 12:00〜

11月のライブは9/23 12:00〜

12月のライブは10/1 12:00〜

 

ご期待下さい。そして是非、ご参加下さい。

各会場でお待ちしております!

2017/07/23

After Fork in the Road

2017. 7. 22

下北沢GARAGEでのBlueglueのツアーファイナル2マンに出演して参りました。

とてもとても、素敵な夜でした。ご来場頂いた皆様、心から感謝致します!

 

そもそもBlueglueとの出会いはかなり深く ……  んーと、

もういつだったか全く覚えていませんが ……

出会った頃は泥酔した僕がクドクド話すウザい説教に「はい…はい…なるほど!…そうしてみます……」と従順な返事をしていたドラムのシュン君が今や「渡會さん、先日の泥酔はホント最低でしたね!」と笑顔で僕に説教をするぐらいの仲です。その節はシュン君、ナオヤ、ほんとすいません ……

 

まあそんなBlueglueの新譜『ロマンチック』にスーパーコーチという謎の肩書きでお手伝いしたのが今年の2〜3月頃でしょうか?

とても真摯な音源が録れたと思うので、まだご存じない方は是非お見知りおきを。

 

本日のMCでも言いましたが、奇しくもFoZZtoneのヴォーカリストとして僕がメジャーデビューしたのは現在のBlueglueと同じ、26〜27歳の頃。世はCDバブルの末期でした。

運良くメジャーデビューできた僕ですが、その後、紆余曲折があり過ぎまして(笑)、

FoZZtone時代から支えて頂いた皆さんの応援と、大大大先輩のエマさんに誘って頂いて、そして素晴らしい音楽仲間達のお陰で、今はとても誠実に音楽と向き合って生きております。

 

ですが現在は時代もブームも風向きも、全てが10年前とは違います。ひとつのバンドが食っていけるようになって、そのままオッサンになっても音楽で食っていけるようになるには、ちょっと厳しい時代なんじゃないかな、と思ったりもします。

 

出来ることなら、皆さんが知らないどっかの大人の力じゃなく、皆さんの力で、バンドをメジャーデビューさせてあげて欲しいなぁ!と思うのです。ええ、まぁ、みんな思ってると思いますが(笑)すいません。

今はそんな時代かな、と思うのです。もちろん、我々は惜しみなく情熱を注ぎますよ、皆さんを感動させる為に。

 

 

 

何かこう、考えもまとまらないまま、久々のGARAGEで、自分達も最高に楽しいライブが出来て、対バンもとても良かったもんで、なんかね、書いちゃいました。

 

うーん、なんかもっと言いたいこと色々あったような気がするんだけど、、、、、、ワっすれました!

 

今日いいライブ見たんだよー!とか言いながら、馴染みの店でギュっとビール呑んでくれたら、もうそれでいいです。

 

グッドナイト!

 

 

2017/05/09

春という暴力( from HUSTLER )

今日はbrainchild’sのHUSTLERというミニアルバムから、春という暴力について。

 

 

聴いてすぐピント来た方もいるかもしれませんが、この曲の歌や歌詞はTHE YELLOW MONKEYの雰囲気に思いっきり寄せてます。
なんなら、エマさんにもらったデモからさらに細部の歌い回しをアレンジさせてもらって、TYMに寄せてます。

その方が逆にbrainchild’sとTHE YELLOW MONKEYの大きな違いや、自分らしさが浮き彫りになるだろうと思ってのことです。

 

歌詞の内容については、初めはかなり悩んだんですが、同じくイエモン好きのバンドマン、小野くん(butterfly inthe stomach)に話してみたところ「あんまり意味とかなくていんじゃないですか?むしろ全く意味ない歌詞、聞いてみたいです」と言ってくれたので、思いきりよく書けました。

“ 意味がなくたって良いじゃないか ” という歌詞は、まんま使わせてもらってます(笑)。

そこはご愛嬌ってことで。

 

 

書いた歌詞をレコーディングした直後は
“ なかなか意味のない素敵な歌詞が書けたぞ!”
と、ちょっと意味不明な満足感を感じていたのですが、
今読んでみるとガチガチに意味深でしたね(笑)

 

多分、一生懸命に歌詞を書きすぎて客観視するのに時間がかかったのだと思います。(そういうことよくあります)

色褪せるどころか聴く度に、春が来る度に新しい発見をくれる、生き物みたいな曲になりました。

 

 

ところで、ようやく春という暴力、花粉の症状が軽くなってきた昨今、皆様はどうお過ごしですか?
アレ、英語だとヘイフィーバー(hay fever)って言うんですってね。

なんかすっげえ楽しそうな響きで、花粉症持ちとしてはムカつきますね(笑)

 

 

いよいよ明日、brainchild’sの『PILOT』が発売です!

 

 

 

 

2 / 512345